2006年05月24日

旧正月の香港(2006.05.23 VOL043号)

香港へ家族も赴任して初めての旧正月の話しです。
 殆んどの駐在している家族の人々は旧正月の長期休暇を利用して
   香港から飛行機で2時間〜4時間行けるリゾートへ旅行です。

しかし、我が家は子供が小学校1年と幼稚園と
 小さくて旅行は断念した。
  さて、どこも行かないと7日間ぐらいの休日は退屈だ!
   とかく日本人は長期休暇の過し方が苦手なのだと思った。

私も香港の旧正月にあるイベントを調べて
 家族が何とか退屈しないように計画を検討した。

ふと、旧正月の2日目だったと思うころに
 香港島で「ドラゴン・パレード」と言うイベントが
  開催されるのを見に行くことにした。

この香港でも旧正月になると肌寒くなるほどの気温になる。
 本当!南国と思って来たらカゼひきます。
  暖房器具が必要な時期なのです。
  ま、2週間ぐらいだけど本当に寒いのだ!旧正月の香港の朝は本当に静か!
 日本の元旦の朝と同じです。
  走る車の数も少なく香港にいる人の半分ぐらいが
   海外へ行ってしまったような錯覚に陥るぐらだ。

我が家は朝10時ごろに家を出発。
 尖沙咀へ2階建てバスで、道には正月を祝う言葉が
  至る所に書かれている。   

「新年快楽」とか「謹賀發喜」だったかな?
  漢字だと日本人でも意味は何とか判るのがいいね!

尖沙咀に到着するとスターフェリー乗り場へ
 香港ドルコインを入れて改札を入り乗船。
  新春のビクトリア湾の潮風は心地よく眠気を誘われた!
   フェリーから見る香港島の高いビル群は独特な風景だ。
   と10数分で香港島の中湾に到着した。

スターフェリーからの香港島.jpg

中湾からドラゴン・パレードが行われる
 会場になる道へと向うがまだ片手に地図を持ちながら行った。
  特に道が判らない時に地図で場所を聞くのが正確だからだ。

そして間もなくドラゴン・パレードの会場になる道へ到着。
 さすがドラゴン・パレード!
  見物人が大勢いる。

パレードは、龍が玉を追って走るものから
 香港へ来ている各国の民族衣装を着たものや
  香港内の各団体など様々なパレードがあり
   見ていて飽きなかった。

2時間ぐらいパレードを見てから
 日本では行けない様な「灘万」で昼食を食べたのが
  一番の思い出だったのは私だけ?

次回のタイトルは、「シグナル8て何?」
posted by デブおやじ at 01:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。