2006年10月05日

マカオ一日旅行(後編)(2006.10.05 VOL050)

前編では、香港からマカオ、フェリーターミナルに
 到着したところで終わりました。

香港マカオフェリー.jpg
※香港から到着するフェリー

後編では、これからマカオの町のお話です。

タクシーに乗り、最初は、マカオのギア灯台に向った。
 ギア灯台はマカオで最も標高が高く?(ある本に書いてあった。)
  標高何メートルだか分からないが・・・?

マカオのギア灯台.jpg
※マカオのギア灯台

ギア灯台から見た市内.jpg
※ギア灯台から見た市内

確かに見晴らしは良かった。
 ただ、タクシーから降りて結構遠いのが難点!!

次に聖ポール天主堂後に向った。
 タクシーで近づくと何やら、
  舞台のセットの一部の様な物が見えてきた。
   裏から見たので何だか不気味な建物の後。

聖ポール天主堂裏側.jpg
※聖ポール天主堂の裏側

    正面から見るとあーーーと言う感じ。
多分、火事で焼けなければ素晴しい
 天主堂だったのだろうなーーーて思う。

聖ポール天主堂正面.jpg
※聖ポール天主堂の正面

その後は、マカオの石畳を歩きながら
 街の中を散策、石畳の道は、香港と一味違う感じがするが
  看板だけ見ていると香港と雰囲気は同じ。

マカオの石畳1.jpg

マカオの石畳2.jpg

※マカオの石畳

マカオの市内.jpg

※マカオの市内

そもそも、マカオも香港も昔は広東省の
 一部なのだ。言語も広東語だ!
  だから、基本的には同じ雰囲気なのだ。

最後は海事博物館へ向う、
 途中、車中からマカオタワーが見えた。
  最近、テレビでそのタワーの最上部に登るのを
   見たことがあるが確かにあそこは風が強いので
    テレビを見ながらよくやるネーーーって!

海事博物館入口.jpg
※海事博物館入口

海事博物館は、マカオの歴史
 市内のミニチュアモデルなど展示してあった。
  いっしょに行った子供たちは大喜びだったが
   私は疲れたの一言の一日旅行!!

市内のミニチュアモデル.jpg
※市内のミニチュアモデル

舟のミニチュアモデル1.jpg

舟のミニチュアモデ2ル.jpg
※舟のミニチュアモデル

ところで、マカオはカジノでも有名である。
 私も何回か行ったことがあるが大金が目の前を
  飛び交い、湯水の如く消費していくのを
   見ていると私の行く場所ではないなーーーと感じた。

次回のタイトルは、「携帯電話、熱帯魚の街」
posted by デブおやじ at 22:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。