2007年02月26日

蘇州でのお買物、食材編(2007.02.13 VOL056号)

蘇州での生活も1ヶ月が過ぎた頃、
 そろそろ自炊をと買い物に出かけた、
  マンションからでて5分も歩くと昔の日本でも
   見かけた朝市のような市場がある。

そこでは野菜、フルーツ、肉、魚、乾物、調味料などの
 食材に関係するものがあった。
  その上、お惣菜屋さんもあり、美味しそうな
   春雨サラダ?の様な物もあった。

早速、お惣菜屋さんで春雨サラダ?の様な物を
 買う事にと、日本だとパックに入って値段が
  書いてあるが、そんなのは全く無い。
   ただ、てんこ盛りであるだけ、よく見ると
    重さで注文するようだ!!

店員が何か私に言っているがチンプンカンプン??
 私が判らないと思ってその店員が春雨サラダ?を
  自分の口に入れて手で親指立ててGood!のしぐさをする。そして私も試食を薦めたので早速食べて、
 美味しい私も手で親指立ててGood!をしたが
  さてどうやって買おうかと思いきや?
   他のお客さんが100グラムとでも言ったのか判らないが買った。

その量は丁度私が買いたい量なので私も
 同じように真似して言った。
  と、その店員、嬉しそうに袋へ詰め込み始めた。
   その量は何と言っていいか想定外の量の多さ、
    1キロはあるのではないかと思うほどだった。

だけど、価格を聞いてビックリ、
 5元(約80円)なのだ。価格的には大満足して
  さて、次は野菜。緑用野菜が不足ぎみなので
   キャベツ、白菜、レタス、ホウレン草、それから
    本場のチンゲン菜を探した。

時期が7月なので全ての野菜があったが
 ここで問題なことはやっぱり価格の記載がない。
  中国語で「ドウシャチェン?」幾らですか?と
   店員さんがグラム幾らと言っている様だった。

何かよく判らないので
 買いたい野菜を全部渡して、どいうせお惣菜屋さんと
  同じように安いと思い、幾らですか?と再度確認。
   8元と言ったので一安心。

さて、野菜は買ったがどうやって食べるか
 考えてなかったのが、買い物しながらヒラメキで
  野菜炒めだと決定!!
   そうだ、「もやしも」と思ったが野菜屋さんで
    もやしを探したが5〜6軒の店には、もやしがない。

何でだろう?と諦めかけたころ
 豆腐とか、乾物売り場を歩いていると、そこには
  もやしが有るではないか!!
   もやしが何故か愛しい???

ここでも重量で注文だが判らない?
 日本でも「もやし」は安いから1元を出して
  もやし下さいと言ったら、ビックリ!!!

皆さんもよく見るコンビニのレジ袋を
 出して詰め込み始めた!!
  そのレジ袋にいっぱい詰め込んで手渡されたが
   これ多過ぎるなーーーと思いつつ、お持ち帰りだ。

早速、家に帰り、調理開始!!
 野菜沢山で野菜炒めを開始、その量の多さに
  野菜炒めだけで満腹じゃ!!

それでも、まだ沢山野菜が残っている。
 冷蔵庫に入れて、次の日も野菜を使った料理。
  今度は、片栗粉を何件も回って探してとろみを付けた
   中華丼だった。

それでも、野菜は、まだ沢山残っている。
 4、5日野菜料理が続いてもう野菜尽くしの1週間だった。
  ここで注意、中国の野菜は買う場所にもよりますが
   残留農薬が多いのでよく洗って出来れば軽く湯通しして
    調理するのをお勧めします。
     生で食べるのはチョットと勇気が必要ですご参考まで。

次回のタイトルは、「近くのカラオケ店」
posted by デブおやじ at 00:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

忠太は困っていた。
Excerpt: 自転車でメール便を配達する忠太の涙と感動の物語
Weblog: 自転車でGo!Go!Go!
Tracked: 2007-05-21 00:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。